字が汚いならプロに宛名書きを頼む

宛名書きに自身がない人はプロの印刷

 

毎年12月が近づくとちょっと憂鬱な気分になっていました。社会人として年賀状は最低限のマナーと分かっているものの、綺麗な字を書く事が苦手な私にとっては100枚近く宛名を書く作業は苦痛でした。そんななかネットで宛名印刷まで出来るサービスがあることを知り口コミ情報を元に様ざまなサービスを調べてみることにしてみました。その中で挨拶状ドットコムさんのデザイン量の豊富さを推す口コミが多かったので個人情報漏洩の不安が残りましたが注文してみました。干支を中心にデザインが豊富な上、レイアウトを自由に変更できること、そしてコメントの例文の良さもあり今までになく満足の行く年賀状が出来上がりました。年が明け翌初出勤の日、数名からお褒めのお言葉を頂くことができ出し手・受け手共に満足出来る物となりました。初年度は住所録の作成に時間がかかりましたが翌年からは住所変更した方のみ確認すれば前年データをそのまま利用することで作業時間が半減し、その分デザインに時間をかけれるようになって行きました。趣味のギターを毎年デザインのワンポイントで使いながら構成を考える時間は今までの年賀状作成の苦痛に比べたら天と地ほどの差がある位楽しい時間となり、ネット注文の便利さを身に染みて感じました。それから昨年まで毎年のように挨拶状ドットコムさんのサービスを利用させていただいています。11月も後半になりそろそろ注文しなきゃいけないな、と思っているとメールで案内をいただくことができるので焦って作成することもなくまさに痒いところに手が届くサービスの恩恵に与っています。デメリットというほどではありませんが、冒頭でも述べた通りやはり個人情報の管理の部分には不安が残ります。私の情報が漏れることはもちろん、年賀状を出す大事な方の住所などが漏洩してしまっては大変ご迷惑をお掛けすることになってしまいます。今のところご迷惑をお掛けするようなトラブルは耳にしていませんがいつなんどき情報漏洩などの問題が出るか分かりません。手間を惜しんで宛名印刷をお願いしているもののセキュリティ対策がいかほどかには不安を残しています。またいつもフルカラーの印刷でお願いしているのですが手元に届き中身を確認するとやや湿気が残っているのか宛名ウラ面が張り付いたような感触があることがありました。幸い宛名面に色が移っていることは無かったものの少し心配になってことがありました。とはいえ今年もまた同じサービスを利用させていただこうと思っています。